節分といえば

節分といえば
『恵方巻』を吉方に向かって黙って願い事を思いながら食べる。
『福豆』を「鬼は外、福は内」(地域によって違うそうですが…)と豆を撒く。
また、年の数(数え年の数)だけ『福豆』を食べる。言ったものもあります。
『福豆』を撒きだしたのは室町時代からだという説があるそうです。
『福豆』は大豆をが炒っているのですが、
それらも理由があるそうで撒いた豆(魔芽)が芽を出さないためという説があるそうです。

さて諸説ございますが、『甘納豆』の江戸時代に創生された物と言われております。
豆撒きをしだした室町時代には遠く及ばず、
豆撒き=『福豆』と現在まで受け継がれているものとなっているようです。

弊社では最近、お客様から
「『福豆』は硬いから『甘納豆』を食べるのよ」
とお伺いした事がございます。
言われてみれば、『甘納豆』煮炊きしている商品の為も芽は出ませんし、物は考えようかなと思います。
よろしければ皆さんもお召し上がりいただければと思います。
#甘納豆専門店
#あまなっとう
#せつぶん
#甘納豆
#和菓子
#甘納豆製造メーカー
#amanatto
#おちゃうけ
#sweetbeens
#setubun
#節分
#大阪市平野区

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA